シロアリって、家にとっては害虫なのは知ってるけど、 自然界では倒木などを分解している益虫なんですよね。 家にとっての敵「シロアリ君」を理解して、家を守りましょう。

スポンサードリンク

シロアリの正体

夏に活発になるシロアリは、木造の家屋などによく見られ、木材を食い荒らして家自体をダメにしてしまう害虫ということで、ほとんどの人は「嫌な」イメージを持っているように思われます。
ところが、シロアリのことを詳しく知っている人はそれほどいないのも事実ですよね。
ここでは、シロアリの正体についてお話しさせていただきます。
昆虫綱のゴキブリ目シロアリ科を総称しているものが「シロアリ」と呼ばれているものです。
以前は、独立目であるシロアリ目に分類されていました。
熱帯地方を中心とするほとんどの陸地に生息しているシロアリは、死んだ植物を食糧とする社会性が認められている昆虫です。
シロアリは、ニンフと呼ばれている有翅虫の前段階の幼虫になり、その後、成虫の生殖虫である羽アリへと成長していくのですが、不完全変態ですから幼虫と成虫はほとんど同じような形態をしているようです。
ちなみに、シロアリの翅は、4枚とも大体同じ大きさをしていることから、「等翅類」という名称がつけられています。

▲このページのトップへ

シロアリって怖いんだゾイメージ

携帯版のQRコード

シロアリって怖いんだゾ:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://theundergroundwire.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。